トラックの積載量について

トラックの積載量について トラックは、車両総重量が決められた重さ以下になるように車両重量や積載量を設計していて、一般的には大型車の車両総重量は25t以下、中型車は8t未満、小型車は4t~5t程度となっています。
最大積載量の求め方は、車両総重量-車両重量-乗車定員で求められ、車両総重量はトラック車両重量に乗車定員や最大積載量の荷物を積んだ走行状態での全重量を表し、車両重量は空荷で乗車定員を考慮していない状態を表し、乗車定員は1名55kg計算となり、大型車は5t~20t程度で、中型車は4t程度、小型車は2t~3t程度の積載が可能になります。
道路交通法による区分は、車両総重量が5t未満は普通自動車免許で、車両総重量が11t未満は中型自動車免許で、それ以上は大型自動車免許が必要になり、中型自動車免許は8t限定されている場合や、車両総重量が8t以上になったり、最大積載量が5tを超えてしまうと、大型免許が必要となるので注意が必要です。

トラック整備の資格について

「日本の血液」とも呼ばれ、物流業界を縁の下で支えるトラック、その整備を行うプロフェッショナルが「トラック整備士」です。小さい頃からこの仕事に憧れていたという人も多く、夢と希望にあふれた仕事であるといえます。
この仕事は、様々な業界の中でも特に人手不足が叫ばれており、求人数が比較的多いのも大きな特徴の一つです。
さて、トラックの整備を行うためには言うまでもなく専門の資格が必要で、「一級大型自動車整備士資格」と呼ばれるものを取得する必要があります。
この資格を取得するためには、学科試験と実技試験の両方に合格する必要があり、受験するためにはあらかじめ三級と二級の試験に合格していなければ、受験資格が与えられません。
この試験に合格すると、晴れて一級の資格を取得することが出来ます。
給料に関しては、平均月収で約28万円、ボーナス込みの平均年収はおよそ400万円と言われており、より難易度の高い「一級」の資格を取ることで高い給料が期待出来ます。

Valuable information

韓国語教室 東京

最終更新日:2018/7/27

menu contents

『トラック 整備』 最新ツイート

@shiensyaryo_bot

重レッカ 日本 74式特大型トラックがベースのレッカー車。吊上能力は10tで、重量物の運搬や車輌の回収等を行う。また、戦車の整備においては、砲塔やエンジンの吊上作業にも用いられる。 https://t.co/j1m1rFeb0c

28分前 - 2021年08月05日


@Ales_ia_com

「5981 東京製綱」 菅首相は、4日に開催された第2回交通安全対策に関する関係閣僚会議で、千葉県八街市における、下校中の小学生の列にトラックが衝突した事故にもふれ、ガードレールなどの整備によるハード面の対策・・・ 続きはコチラ… https://t.co/J8B3LH99OR

2時間前 - 2021年08月05日


@N0Ytk

トラックだけじゃなく沢山の重機も乗れて、整備士の資格も取らせてもらえる、大変だとは思うけどただ何もしないで毎日同じことするよりは自分の成長が感じられる。基本土日休みなのでイベントdayも行ける。 人の繋がりは大事なぁ。

2時間前 - 2021年08月05日